信用情報機関は審査の要 | ローンの審査と低金利で申し込む方法

 

信用情報機関は審査の要

審査にあたって、非常に重要な役割を果たすのが信用情報機関です。

今までの金融機関でのローンの利用履歴などが信用情報としてここに載っています。
今現在どこでいくら借りているかはもちろん、借りていなくてもどこの審査を受けたかまですべてわかるのです

ローンの申し込みを受けた金融機関は、申込者の履歴を閲覧することが出来ます。
閲覧できなければ、申込者はいくらでもウソが書けることになり、審査の意味がないといってもいいでしょう。

過去にひどい滞納歴や踏み倒した経歴があれば、
金融機関はその申込者に貸すわけにはいかないので、
そういう事実(金融業界では事故情報と呼んでいます)がないかなども調べます。

どれくらいの事故情報があると、
審査に落ちてしまうかは各金融機関によって違い、ここも審査の甘い厳しいが分かれる部分といえます


ただし、事故情報が記載されてしまっても、ずっと記載され続けるわけではありません
5年、7年など、情報によって違いますが一定期間経つと消え、その後は審査に影響しなくなります。

 

目的別で探す

銀行系カードローンランキング 低金利カードローンランキング 消費者金融系カードローンランキング
おまとめローンランキング 即日融資カードローンランキング 短期無利息カードローンランキング
注目のカードローン
楽天銀行 スーパーローン
上限金利も下がって
ますます利用しやすい!
入会金・年会費 永久無料
カードローン一括一覧比較表
カードローン比較表
人気ランキング
楽天
オリックス銀行カードローン
モビット
アコム
プロミス
目的別ランキング
用途で探す
ローンのメリット
銀行と消費者金融
消費者金融の審査
銀行の審査
金利と返済方式
リンク集
基本メニュー