銀行と消費者金融の違い | ローンの審査と低金利で申し込む方法

 

銀行と消費者金融の違い

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングカードの実質的な違いは、
金利や限度額の違いと、審査の難易度の違いです。

消費者金融に比べると銀行のほうが審査が厳しいですが、 その分貸し出し限度額を大きくできます
各銀行とも1個人につき500万円、金利5%程度の貸し出しを行えるようになっています。

ただし、審査によっていくらまで貸し出せるかを決定するので、
信用が高くなければ満額の500万円の貸し出し枠は得られませんし、貸し出し枠が小さくなると比例して金利が高くなります。

一方、消費者金融は最高でも貸し出し枠300万円くらいで、もっと低い場合もあります
(実際に消費者金融で借りる人は50万円以下の人が多いです)

その分、消費者金融は貸し出しの門戸を広げていて、
審査が銀行より易しく、銀行では通らない人でも利用できる場合が多いのです

ただし、金利は銀行より少々高くなります。

そのため借入高が増えていくと、返済のぺースが追いついていかず、
利子の増えるスピードが加速してしまうので注意が必要です。

 

目的別で探す

銀行系カードローンランキング 低金利カードローンランキング 消費者金融系カードローンランキング
おまとめローンランキング 即日融資カードローンランキング 短期無利息カードローンランキング
注目のカードローン
楽天銀行 スーパーローン
上限金利も下がって
ますます利用しやすい!
入会金・年会費 永久無料
カードローン一括一覧比較表
カードローン比較表
人気ランキング
楽天
オリックス銀行カードローン
モビット
アコム
プロミス
目的別ランキング
用途で探す
ローンのメリット
銀行と消費者金融
消費者金融の審査
銀行の審査
金利と返済方式
リンク集
基本メニュー